第11回委員会の報告       6月16日開催

1. 間の投書・意見について

<投書>
○友の会バスを土曜日も運行してほしい
 → 運転体制のこともあり今は困難です。

○外来待合上のガラスが汚れている 
 →  清掃しました。

○看護師長が病室を巡回してほしい 
→  1週間で全患者さんのところへうかがえるようにしていています。

○待ち時間がながい。改善してほしい。
この間曜日によっては医師体制、診療内容や患者さんの集中などでお待たせしている状況が生まれいます。委員会ではやむを得ない状況を理解しつつも、職員が常に患者さんに目を向け、もっと動きをよくすることや待合室での患者さんへの気配りを強めることを話し合いました。

なお、薬と会計とどちらが先なのかという質問がありました。北見病院では早く準備できた方からお呼びしています。

○「当院に来院して大変親切丁寧で対応のよいのに感動しました」という投書をいただきました。

<友の会からの意見>
○外来待合の本を充実させてほしい 
→今は新聞四紙と「いつでも元気」5部、子ども向け本をおいていますが、どのようにするか検討します。

2 オホーツク勤医協の今後の医療・介護展開について

 腰岡専務より、これからの病床運営や通所サービス・リハビリを中心とする病院の医療・介護展開の検討状況について説明を受けました。