第14回委員会
2003年9月23日
 
1. 意見・投書
○九月に事情で外来医師が一人となった土曜日が生まれました。
この日は長い待ち時間となり、苦情の投書もありました。申し訳ありませんでした。

○診察室、薬局のよびだしが聞こえづらいという投書がありました。点検・改善します。

○北見病院の入院の食事について、「とてもよい」という評価とともに、改善の意見もありました。次回さらに議論します。

○「平野院長に小さな腫瘍をみつけてもらい、他の病院で精密検査を受け、経過観察中です。小さいのにみつけてもらったこと、信頼できる専門医師のいる病院を紹介してもらったことに感謝しております。」

○「貴病院にて平野院長に診断いただき、専門病院へ紹介いただいたものです。おかげさまで肺ガンの治療を無事終え、退院することができました。5月の連休前の忙しい日に朝から夕方まで親身に検査をしていただき、ガンをみつけていただいたおかげと、心から感謝しているところです。」

2. 友の会バス
 七〜九月の利用状況が報告されました。往復だけでなく帰りだけでも利用できますので、お気軽にご利用ください。

3. 病院からの報告
「点滴など日曜日も治療が必要な方の対応を行っているので、日曜日午前を診療日として届け出ることとした」ことが報告され、了承しました。(予約の方のみです。なお急患の場合は受け付けしています。)

4.新事業計画について
 腰岡専務より10月18日の臨時社員総会に提案される事業計画の内容について説明されました。
内容は本ホームページのトピックスに紹介されています。

5. その他   
 外来の利用委員会掲示板を絵手紙など友の会員さんの作品を掲示することにも活用します。
みなさんの作品をお寄せください。
(作品の送付先―オホーツク勤医協本部)