第24回利用委員会
2004年7月26日開催

1,投書・意見.


今日胃カメラを飲み、管がうまくはいっていかず何度もはいてしまいました。かなり汚れてきたなかったと思いますが、一人の看護師さんが"きたなーい"と言ったのがはっきり耳に入りました。仕事なのだからそう思っても口にだすのはどうかと思います。(一部略)開院の時より看護師さんの対応が冷たく感じます。

職場で討議しました。ついそういう言葉がでたことを申し訳なく思い、反省しています。ご意見をしっかり受けとめ、業務にあたります。



○予約をしたのに待ち時間が長い。

→日によっては予約患者さんの待ち時間が長くなっている現状があり、申し訳なく思っています。北見病院の予約制は医師体制上完全予約でなく、予約外の患者さんも診るようにしているため、その時の患者さんの数や診療内容によって時間がずれこむことがあります。ご理解いただきますようお願い致します。



○会計が遅い、二人でしたらよいと思います。

→会計事務が一人体制になっていた時もありますので、今後二人体制で早く会計ができるよういたします。



○姉が風邪が長引き初めて勤医協のお世話になりました。皆さんの親切な対応と先生のやさしくあたたかい問診に驚いていました。お薬の処方も的確だったことと思います。次の日には楽になったと知らせてきました。私も紹介したことを嬉しく思います。



○先日近所の友達が受診したところとても対応がよく、毎月行きたいと言っていました。ありがとうございました。


2. その他の課題

○健診
 北見市では8月より市民健康診査がスタートします。
 無料だった市民健診が今年度から有料になったのは、病気の早期発見・早期治療という点から残念なことです。
「年に一度の健康チェック」の機会として健診を積極的に受けましょう。 


○神経内科の標榜
 北見病院では、今年4月から診療科目として、内科に加え神経内科を標榜しました。毎週木曜日の午後には神経内科専門外来(予約制)を開き、神経内科専門医である平野院長が診療にあたっています。「神経内科とはなにか」ということについて理解を深めました。
*ホームページトップ<神経内科>・健康相談室に内容掲載


○ディサービス・リハビリ開設の準備状況が報告されました。

○友の会作品展掲示板の運営について確認しました。
<友の会作品展掲示板>

・趣旨は患者さんのいやしと友の会員の発表の機会
・場所は外来と友の会室の二カ所
・出展者は友の会員で出展費用は無料
・掲示期間一.五〜二カ月
・申込みはオホーツク勤医協本部へ。0157−26−4751

   
  次回委員会は八月二十三日です。