2006年年頭ご挨拶
 
北見病院利用委員会 座長   阿部 清

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年は、管内1万人友の会員とともに、オホーツク勤医協のリハビリやデイサービスなど医療と介護の事業がさらに充実されて、次の10年へ向かってスタートした年でした。

 しかし、春には介護保険制度の見直し、秋には医療制度改悪案がだされるなど、政府の医療・介護に対する攻撃はますます厳しくなっています。

 利用委員会は、各制度内容の検討と学習を行い、患者さんや利用者の立場にたって議論を深めています。

  「気軽に利用でき何でも相談できる病院、困ったときにかけこめる病院」をめざし、病院職員と友の会が一体となって医療や介護を守るために奮闘しています。

今年もこれまで同様、気軽にご意見をお寄せ下さいますようお願いいたします。