第72回北見病院利用委員会の報告


8月18日開催

1. 意見・投書

○皆さん優しくて親切で好感をもてるのですが、会計がもう少し早ければと思います。

○神経内科専門医が常勤で亡くなることで大変不安に思います。道東は特に専門医が少なく、患者として選べる状況にありません。一日も早く神経内科専門医に常勤していただけるよう願っております。

○「常盤公園で楽しく過ごそう会」で、夏の太陽を浴び、木の息を吸い、楽しい一日を過ごし、元気をもらいました。今更ながら勤医協の先生、看護師さんはじめ職員のみなさんの心づかいに感謝します。

○安心してみていただけます。病院の方々もお忙しいのに、社会・政府に向けての活動に頭が下がります。

○この度は危ういところを助けられました。あらためて安心してかかれるいい病院だと実感しました。

2. 友の会バス

 7月の利用は一日平均18、6人で、新しく利用された方は8人でした。
送り専用のバスの運行時間を10時〜1時に広げました。送りは余裕がありますのでご利用ください。

3, 病院からの報告

○ 7月の患者数等が報告されました。

○ 10月の医師体制変更に伴う診療体制について検討中です。

4.その他

 ○新しい利用委員の推薦がありました。友の会室の水島美智子さんです。

 ○10月4・5日旭川市で開催される全道の友の会活動交流集会に、友の会バスと利用委員会の活動について報告することにしました。

 ○オホーツクの地域医療の状況について報告がありました。

次回委員会は9月22日です。