第86回北見病院利用委員会の報告

                                 10月19日開催

1. 前回委員会の課題及び投書

○患者駐車場の改善
駐車場整備工事が完了しました。「使いやすくなった」という声をいただいております。

○ 会計についての投書2通
「会計に時間がかかりすぎます。薬をもらって30分も待たされました。改善されたらいいですね。」「会計の呼び出しについて来ない場合再度呼んでほしい」
→会計の待ち時間を少しでも短縮するため、システムや体制の検討を含め改善努力をすすめます。呼び出しは最初肉声でお呼びし、いらっしゃらない場合はさらにマイクで及びしていますが、そのときのタイミングが悪い場合もありますので、お声をかけてください。

2. 友の会バス

9月の利用は一日平均18人、新しく利用された方は4人でした。送りは余裕ありますのでご利用ください。

3. 病院からの報告

○ 医師体制
11月以降富田院長、草間診療部長、武田医長、勤医協中央病院の医師等が外来診療を担当します。

○インフルエンザ予防接種について
・ 毎年行っている季節性のインフルエンザ予防接種が11月1日から開始されます。北見病院では中学3年生以上の方を対象に接種します。北見病院では予約制をとっておりませんが、在庫がなくなった時点で終了とさせていただきます。

・ 新型インフルエンザ予防接種については、国の指示を受けてとりくみます。

4.中井総院長挨拶

「利用委員会に参加させていただき、みなさんとともに様々な改善にとりくむことができました。利用委員会は、病院をいっそう良くする、職員を医療人として成長させる上でとても大切です。これからも患者さん、友の会のみなさんの代弁者として積極的に発言して運営を充実させていって下さい。」
 なお大久保医師も参加し、挨拶・提言をいただきました。



次回委員会は11月16日です。