第90回北見病院利用委員会の報告


                                2月22日開催



1. 投書・意見
○ 待合室のテレビをもっと上の方にあげてくれますと、皆さんが前の人の頭でみられないことはないと思いました。
→地デジテレビへの更新と合わせ、壁掛けにするなどの方法で改善いたします。

○ 男子用トイレの臭気が強烈で衛生的に不快感がありました。
→ 原因を調査中です。改善いたします。

○ 年を重ねる度に心のよりどころは病院なのかとつくづく感じる今日このごろです。
勤医協のみなさんには今年もお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

○ 友人のすすめで当院に縁があって5年以上になり、80歳を過ぎた現在とても体調がいいのです。
先生方に本当に感謝しています。また友の会バスを利用させていただきありがとうございます。

2. 友の会バス
1月の利用は一日平均20人、送りのみの方は8人、新しく利用された方は9人でした。
 友の会バスは、迎えは1台のみ、1日の枠は13人で、市内全域に迎えにいっております。
予約の希望がたくさんあるなか、迎え時間の調整はじめ佐藤運転手がやりくりしながら運行している状況にあります。
みなさんのご要望に十分お応えできないことがあることをご理解いただきますようお願いいたします。
帰りの送りは2台ですので午前中受診された方は全員お送りできます。

3.病院からの報告
○ 2月より辰口治樹医師が外来診療を担当しています。

○ 新型インフルエンザワクチンの接種を通常診療以外の時間に予約制で実施しています。
健康成人の方への接種も開始しています。

○ 医療用画像管理システム(PACS)の運用を開始します。

○ 北見市国保加入者の2009年度特定検診は2月で終了です。

4.部門報告
栄養科と病棟からありました。
病棟からは、北見病院の地域での役割

@入院から在宅生活が可能な状態とし自宅へ
A急性期病院退院後の療養と生活を支える
B市内の医療機関、介護施設との連携
C看護師育成支援(医師会看護学校実習受け入れ)―を果たすために努力していることが報告されました。

次回委員会は3月15日です。