第93回北見病院利用委員会の報告


                               5月17日開催
                          
1. 投書・意見

○4月末いただいた投書

@5〜6年当勤医協病院に通院している者です。いつも思っていますが、医師、看護師さん方があまりにも事務的で、親切身がないように思います。体調が悪くて通院しているのですから、もう少し病人の身になって対応していただきたいと思っています。

A 持病で他の個人病院にも行っていますが、医師はじめ看護師、事務員さん達、皆とても親切に対応(言葉づかい等も)してくれます。

B 先生方の出勤が遅いのかも分かりませんが、診療時間(9時)になっても診察が始まりません。如何なものか。

C 待合室で他の患者さんも同じことを話しているのを聞いています。

→利用委員会では、友の会の委員も職員の委員も率直に意見を出し合い、時間をかけて討議しました。ご意見を謙虚に受けとめ、改善に努力してまいります。

○5月6日記入投書
 もう少し早く診察が終わりますように。
→この日を含め連休後の数日は本当に混み合っておりました。お気持ちはその通りと思います。

○血圧計の置き場所
 私は今の位置で満足しています。以前は後ろにおられる全員の視線をあびての計測で、血圧が上がるのでは思うほど緊張しましたので、せめて「ついたて」をと申し上げたかったのですが、なかなか言い出せませんでした。今は自然体で測ることができます。色んなこと、色んな意見に耳を傾けてくださり、感謝しています。(北見市 硯見玲子さん)

2.利用委員会のあり方について

 次のことを確認しました。
○ 今利用委員会には、職員は各部門の責任者が参加してします。このことでオホーツク勤医協の医療・介護全分野のことがわかりますので、これからも同じ構成とします。
○ 利用委員会では病院のことだけでなく、介護事業のこともとりあげます。
○ 運営にあたっては、会議だけでなく、病院や介護事業所の現場の実際をみることや体験もとりいれていきます。
○ 次回委員会はケアセンター(デイサービスたんぽぽ)で開催します。


次回委員会は6月21日です。