みなさんの声で病院づくり

第100回北見病院利用委員会の報告


                                 12月13日開催
1.投書・意見

○待ち時間がかかり過ぎる
→この間はインフルエンザ予防接種もあり混み合い、お待たせしたと思います。
医師体制と患者数が大きな原因ですが、待ち時間調査で分析も行い、全部門が少しでも待ち時間を短縮するよう努力いたします。

○玄関の外に灰皿をおいてほしい
→北見病院では、喫煙・受動喫煙による健康への影響という点から病院内全館禁煙を実施しています。
敷地内はまだ全面禁煙にはしておりませんが、玄関付近は人の出入りがある場所で院内に煙が流入することもあり、喫煙をご遠慮いただきますようお願いいたします。

2.諸報告他

○.友の会バスの11月の利用は一日平均19人、送りのみの方は9人、新しく利用された方は4人でした。

○10〜11月病院の近くの地域のお宅を訪問し、約500人の方とお話しさせていただきました。その中で伺った病院への意見・要望が報告され、今後の病院運営にいかしていきます。

3.利用委員会100回にあたって

利用委員会は、「地域のひとびとの病院である勤医協北見病院を、患者・地域の声を病院運営に反映させて、よりかかりやすく、地域になくてはならない病院にしていく」役割をもって2002年8月に発足し、100回の開催となりました。

この8年余委員会で率直に話し合い、様々な改善をすすめてきました。

これからも初心を忘れず、「患者、地域の声を病院運営に生かす職員・友の会共同の病院づくり」をすすめていくことを確認しました。


次回委員会は1月17日です。

座長が交代します
よろしくお願いします

  細川弘文さん

 地域に入ると本当に勤医協を頼りにしている方がたくさんおられます。阿部さんのあとの大変重い任務ですが、よりよい病院づくりのためみなさんとお力を合わせてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました

 阿部清さん

 最初から今日までつとめさせていただきました。座長としてはみなさんが気軽に発言できる雰囲気づくりを心がけました。患者さん、地域の声をいただいて、たくさんの問題にとりくんでこれたことを嬉しく思っています。