第145回北見病院利用委員会の報告


10月20日開催

1. 投書・意見

○ 待合室の椅子について、すわり心地はよいのですが、3つずつつながっていて一人席を立つとゆれます。めまいかな?と感じます。独立したものでしたらそんな風に感じることはないと思います 
→ ネジの緩みなどがないか点検しました。デザインや座面の高さなどを含め、将来の更新時には検討します。

○ 大勢の患者さんの中に薬剤師2名とは、あまりにもきつすぎるのではないでしょうか 
→ 現在3名の薬剤師を配置しています。病棟業務やお休み・出張などがあり、2名で外来の調剤を行うことがあります。全国的な薬剤師不足もあり配置できない状況です。

○ 友の会バス、めったに乗らないせいか利用しにくいです。そしてバスの運転手さん、客を乗せるのだからネクタイをしたほうがいいと思います 
→ 友の会バスは友の会の助け合いとして運行していますので、遠慮なくご利用ください。ネクタイについては、利用されるのは友の会の方でお客さんではありませんので、ご理解ください。

○ 病気が悪化しないようリハビリを利用してきましたが、10月いっぱいで打ち切りになるとのこと。この先、歩けなくなったらと不安です 
→ 政府はこの間の医療制度改悪で病気ごとにリハビリの日数制限を画一的に設けました。医療を制限し、介護へ強制的に移行させる仕組みの一つです。制度上の問題ではありますが、丁寧に対応していきます。

○ デイサービスの焼肉パーティーは、新しい行事で本当に楽しかったです。こんな大所帯の行事で、見事に私たちを喜ばせて下さった職員のみなさんに感謝です。

2. 友の会バス

9月の利用者数は1日平均14.6人。そのうち送りのみの方は5.8人、新しく利用された方は7人でした。

3. その他

入院時の「病衣」レンタルについて → 検討状況が報告されました。

各介護事業所から行事等の取り組み報告がありました。

開院20周年祝賀会について「若い職員の姿が頼もしい、希望が持てる」「職員と友の会の結束を感じた。職員の盛り上げがすばらしい」などの感想が出され交流しました。



次回委員会は11月17日です