知られざる肺の生活習慣病
 慢性閉塞性肺疾患(COPD)をご存知ですか?

呼吸器科医師 土屋 香代子
今回の健康相談室は、土屋香代子医師に健康まつりで講演していただい「慢性閉塞性肺疾患」について紹介していただきました。


 肺の生活習慣病ともいわれる「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」は、タバコ肺ともいわれ、有毒な粒子やガス(原因の約九割はタバコ)により肺が炎症を起こし、肺への空気の出し入れが徐々に悪くなる病気です。
 
気管支が狭くなる〈慢性気管支炎〉と、肺が破壊される〈肺気腫〉があります。タバコ以外の原因では、高濃度の粉じんや大気汚染、日本人では極めてまれですが遺伝性もあります。

 ごく初期は症状がありませんが、徐々に慢性の咳や痰、階段歩行時などに息切れや動悸が出現します。

 病気が進むと日常生活でも息切れを自覚します。

 COPDと似た症状は、気管支ぜんそく・肺炎・結核・急性気管支炎・肺癌などでもありますので、これらの病気と区別のするため胸部レントゲンやCT、肺機能検査、喀痰検査などを行います。


四〇歳以上の8.5%が

 これまでCOPDの患者さんは二十一万人ほどといわれていましたが、最近の調査で軽症者を含めると推定患者数五百三十万人で、いままでの報告は氷山の一角であることがわかりました。

 四〇歳以上の有病率は8.5%で、特に高齢者は発症率が高くなります。

 また、日本でのCOPDによる死亡は年々上昇し、一九九九年には年間約一万一千人が亡くなっています。

 二〇二〇年には全世界死亡原因の三位(一位は虚血性心疾患、二位は脳血管障害)になると推測されます。

 米国ではタバコ消費量の増加に約十年遅れて肺癌死亡が増加、またそれから約十年遅れてCOPDによる死亡増の報告があり、今後も日本でのCOPDによる死亡が増加すると考えられています。
 
一番の治療は禁煙

 COPDの治療はなんと言っても、原因となっているタバコを止めることです。

 タバコを止めない限り、どんな治療をしても良くならないと言ってもよいでしょう。
 
タバコを吸っている人は著しく肺機能が低下しますが、どの年齢でも禁煙すると肺機能の低下はタバコをすっていない人と同等に回復しますので、がんばって禁煙しましょう。

呼吸リハビリも大切

 禁煙の方法については友の会ニュースでも以前紹介しましたが(二〇〇三年二・三月 北見病院ホームページに掲載)、パンフも病院では用意していますのでお気軽にご相談ください。

 お薬は病気の状態によって変わりますが、気管支拡張剤の吸入や内服が中心になります。

 タンがなかなか出にくい人は去痰剤、ぜんそくもある人や肺機能が低い人はステロイド(抗炎症剤)の吸入も考慮されます。
 
 息切れや運動能力の改善、入院回数や期間の減少のために、呼吸リハビリ(運動)は大切です。実際の方法は、パンフレットなど準備していますのでご利用ください。

手洗い・うがい、予防接種も

 また、肺炎などの感染症で肺機能が悪化しますので、感染予防は重要です。

 手洗い・うがい・部屋の換気もそして、インフルエンザや肺炎球菌ワクチン接種も受けといたほうが良いです。

 ヘビースモーカーの15%は将来COPDを発症するという報告があります。

 ですからCOPDは肺の成人病(生活習慣病)ともいわれています。

 現在、息切れや動悸などの症状がある人は必ず、また症状がない人もタバコを止めてCOPDにならないようにしましょう。