慢性的な膝(ひざ)の痛み

北見病院 医師 深谷 進司
肩こり・腰の痛みについで多いのが膝(ひざ)の痛み。
外出もおっくうになってしまいますね。
今回は深谷医師に年齢とともに多くなる慢性的な膝の痛みについてお話していただきました。


「変形性膝関節症」
  肥満・五十代以上の女性に多い

北見病院は内科中心の病院ですが、日常診療で相談を受けることの多い膝の痛みについてお話したいと思います。

慢性の膝の痛みの多くは、年齢とともにおこる膝の変性や磨耗による「変形性膝関節(しつかんせつ)症」です。

 年齢を重ねてくると、個人差はあるのですが関節は擦り減ってきます。

変形性膝関節症は肥満の人、五十歳以上の女性に多くみられます。肥満の人に多いことから、体重による負荷が原因の一つであることがわかります。

 立ち上がるときや歩いたとき、膝の内側に痛みを生じます。

 安静時には痛みは生じません。

 また、膝関節の動かせる範囲が制限されてしまうことがあります。

 慢性的な炎症があると、膝に水がたまります。

 内側の軟骨が外側よりも多く擦り減るので、O脚(がに股)になります。
正常な膝関
変形が強い膝関節
右膝関節のレントゲン写真


軟骨がすり減り痛みの原因に

 写真に示すように、正常の人は十分関節のすき間が開いています。

レントゲン写真では軟骨は透けて写るので骨と骨のすき間のように見える部分が軟骨です。

変形性膝関節症の人は内側の関節のすき間が狭くなり、軟骨が擦り減っていることがわかります。

また、骨棘(こつきょく)といって、腱や靭帯が骨のように硬くなってとげ状に突出してきます。

これも痛みの直接原因になります。

他に、膝が痛くなる病気として関節リウマチがありますが、膝からはじまるリウマチは比較的少ないです。

しかし関節リウマチを長く患っていると、いずれ膝に症状が現れます。

まず減量し負担を減らす、リハビリも有効

まず自分でできることは、体重を減らして膝の負担を軽減することです。

ツエ使用も膝への負担を軽くします。

また、暖めたり、シップなどの消炎鎮痛剤も有効です。

そして大腿四頭筋訓練というリハビリテーションで、膝を支える筋肉の強化をはかることも大切です。

これらの治療でよくならない場合は、整形外科の受診をお勧めしています。

専門的な治療としては、膝関節への注射や、靴の外側を高くする足底板という器具の使用が挙げられます。

これで不十分な場合は手術を検討します。

関節の角度を変える手術や、人工膝関節置換術を行います。

人工関節置換術の後は正座はできなくなりますが、痛みを除くことが可能です(痛みの部位がなくなり人工関節に置き換わるからです)。

膝関節症にかぎらず、痛みの感じ方には個人差があります。

痛みがある場合はまずご相談ください。