誤嚥(ごえん)性肺炎と口腔ケア

北見病院医長 富田薫

 お年寄りの肺炎の中には、口の中の雑菌や胃液などが誤って気管に入りこみ、肺の炎症を引き起こす誤嚥性肺炎があります。

高齢者の肺炎の半数以上がこのタイプと言われ、物を飲み込む際、のどの反射(嚥下反射)が鈍くなったために起こります。

雑菌が食べ物やだ液と一緒に

 食べ物を飲みこむときには、反射的に気管の入り口のふたが閉じるしくみがあり、本来は空気だけが気管に送られ、飲み込んだ物は食道に送られるしくみになっています。

健康な人の場合、異物が気管に入ったとしても、激しく咳込んで(咳反射)、その異物を気管の外に出してくれます。

この場合、咳は異物を排除してくれる目的のある反応です。

 しかし、年をとると反射が鈍り、異物が誤って気管から肺に入りやすくなります。

その際、もともと口の中に存在する雑菌や胃液が、食べ物やだ液と一緒に肺に入り込んでしまい、その結果として引き起こされるのが誤嚥性肺炎です。



咳反射低下の原因は

 こうした嚥下反射を鈍らせる要因には、加齢の他に脳梗塞などの脳血管障害や神経変性疾患があります。また、食道や胃の一部を切除した人も、胃の内容物が逆流して気管に入りやすくなります。

 食事中や食後にむせる人はいませんか。誤嚥している可能性がありますから、注意が必要です。

 老人の肺炎を予防するためには、誤嚥を防止することが最も重要です。

最近、誤嚥のメカニズムが研究され、脳内のある物質の不足が、咳反射低下の原因であることが解明されました。

このある物質の不足は、脳梗塞やパーキンソン病などによって起こります。

従って脳梗塞の予防や、パーキンソン病の治療が老人の誤嚥性肺炎の予防に大変重要となります。

これと関連して最近注目されているのが、ある高血圧の薬です。

この脳内物質の低下を防止して、咳反射を維持して肺炎の予防してくれることが判っています。

この高血圧の薬は、以前から副作用として咳が出やすいことで有名でしたが、それを逆手にとったわけです。

口腔ケアは大切

 誤嚥性肺炎予防の第二は、口の中を清潔にすること(口腔ケア)です。

 毎食後と就寝前には必ず歯磨きをする。その際には歯だけでなく、細菌が存在する舌の表面もブラシする。

さらに食間に何度か薬剤によるうがいをする。

こうして口腔内雑菌を減らせば、誤嚥しても肺炎になる危険性が減ります。

 次回は口腔ケアを中心に続きます。



誤嚥(ごえん)性肺炎と口腔ケア その2


 前回は、誤嚥性肺炎について紹介しました。では、誤嚥性肺炎を防ぐためにはどうすればよいのでしょう。

口の中は健康状態を映す鏡  漢方医学では、口の粘膜や舌の診察が大切にされますが、素人でも相手の口の中を見れば、おおよその「健康状態」がわかります。

たとえば、以前はこざっぱりした身なりをしていた人が、あまり身なりに気をかけなくなったとすれば、その方の身に何か大きな変化があったと気づくでしょう。同じように、口の中の状態は、その方の「健康状態」を映してくれる鏡の役割をしてくれます。食べかすや歯垢が多く、口臭が強い、舌苔が厚いなどの変化があるとすれば、痴呆(認知症)の徴候かもしれませんし、別の病気を発症していることを疑います。

口の中の細菌が誤嚥性肺炎を招く  食事中にあきらかな「むせ」がない場合でも、誤嚥性肺炎は起こります。

嚥下反射・咳反射の低下したお年よりは、睡眠中に誤嚥をたびたび起こし、この時唾液とともに口腔内の細菌も同時に誤嚥するため、誤嚥性肺炎を起こしやすくなっています。

私たちはふだん意識することはないのですが、一日にコップ五杯以上の唾液を、睡眠中であろうと起きている時であろうと飲み込んでいますから、誤嚥の機会はいつでもあるわけです。  

嚥下反射などが衰えていれば、免疫力(身体の抵抗力)も落ちていますから、口腔内の清潔が保たれていないと、容易に肺炎が成立してしまいます。

口腔内を清潔にすることは、細菌のすみつく温床を減らし、有害な細菌の種類と量を減らすことになり、誤嚥しても肺炎になりにくくなります。

年齢とともに唾液は減少  また加齢とともに唾液分泌量は減少するため、口腔内の洗浄作用が充分に行えなくなりますから、若い時にも増して、食後の歯磨きやうがいなどの口腔ケアが大切になってきます。とくに要介護のお年よりの口腔内への気遣いが大切な理由はそこにあります。  

表面上の清潔にもまして、目につきにくい隠れた部分への清潔の心がけとして、ぜひ口腔ケアに普段からお気をつけ下さい。