夏 バ テ

北見病院医師
岡本直幸



先生!
夏バテが続いて、最近コワイです。
何かいい薬ってありませんか?



薬がないんだから治しようがない。
涼しくなるのを待ちなさい。







      
・・・などと言われては元も子もない。『食欲がない、何となくだるい、何かやる気が起きず、コワイ』 暑くなると、こういう声、よく聞きますね。

でも、日常生活 に影響するような重大な症状じゃないし、涼しくなったら治る? 

その多くは「夏バテ」といわれるものでしょう。普段、何気なく使う言葉です。そもそも「夏バテ」の正体って何でしょう。

そして、どうすれば予防できるのでしょうか? 夏バテのメカニズムがわかれば、暑い夏も元気に過ごせる!!・・・かも。



夏バテを招く3大要因
  
(1)汗で体内の水分やビタミン、ミネラルが流れ出てしまう
脳の指令をカラダの各部に伝える機能は、ミネラル(ナトリウムやカリウム)が大切な役割を果たしています。
それらが、汗で流れ出てしまうと機 能が低下して疲れやすくなります。
また、水溶性のビタミンCやB群も多く失われるため、代謝がスムーズに行われなくなり、脱水も加わり体調に異常を来たし、更に疲労が蓄積してしまいます。


(2)外気温と室内温度の差が激しいため、体温調節が上手くコントロールできない
体温を調節する自律神経が、気温の変 化に対応しきれなくなり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、自律神経が不安定になります。頭痛や神経痛が主な症状ですが、冷房病もその延長上にあると言 われています。


(3)暑さで食欲が減退し、栄養不足になる
 体温が上がると脳から食欲を抑制する指令が出ると共に、消化機能も低下し、食欲がなくなるだけでなく栄養の吸収も悪くなります。
また、暑いからと、あっさりした食べ物や冷たい飲み物を摂ることが多くなるので、たんぱく質や脂肪などの必要栄養素が不足したり、消化管の働きが低下し、更に食欲不振になるのです。