発熱のこと


早稲田大学人間科学学術院
 教授 永島 計

熱や解熱剤について、この分野のご専門の永島計先生に寄稿いただきました。



熱や解熱剤についての問い合わせをいただくことが多くあります。
熱があるということはどういうことか?また解熱剤の使い方についての知識をすこしまとめてみました。

1. なぜ熱がでるのか?

熱の原因物質は発熱物質と呼ばれ、細菌、ウイルスなどがあります。
これらを排除するため、血液中のリンパ球という免疫細胞が働きます。
リンパ球は、サイトカインという物質を作ります。
サイトカインは脳に達し、体温を上げる指示を与えるのです。
だるさ、気持ち悪さ、頭や節々の痛さにも関係します。


2. 熱がでるのはよくないのか?

体温が上がれば、我々のもつ酵素の活動を上げ、細菌やウイルスを排除しやすくさせると考えられます。
熱に伴う痛みや不快感は、安静にしなさいという指令を与えます。


3. 熱は下げないといけないのか?

解熱剤は使わないほうが感染などの病気の治りが早いという研究報告があります。
発熱時は体のタンパク質が変化を始める41度以上にはならないようにする仕組みも働きます。
体温が上がり続け、タンパク質が変化し(42度以上)死に至ることもある熱中症とは全く異なります。
もともとの病気があったり、衰弱がなければ、発熱を心配することはありません。
ただし乳幼児では発熱によるけいれんがあり、消耗が予想される高齢者では積極的に解熱剤を使う場合があります。


4. 解熱剤はなぜきくのか?

解熱剤は、脳に熱を出しなさいと指示をだすプロスタグランディンという物質の合成をおさえます。
解熱剤で熱が下がったのは、病気がなおったのではありません。
脳をだましているだけで、病気は続いています。
気分がよくなって、体を動かす功罪のほうが大きいのです。


5. 解熱剤が効かない時があるのはなぜか?

感染の力が強くて解熱剤が十分働かないことがあります。
安静にし、処方された薬を服用して静かに体が戦うのを待つしかありません。
病原菌にあう薬ではないこともあるので、熱が長期化(4−7日以上)するなら、再診や検査が必要です。
よくある原因として脱水があります。
発熱時には水の損失が増えており、水分摂取の制限をうけていなければ、意識的な水の摂取も必要です。


6. どんなときに解熱剤をつかったらいいのか?

とはいっても、熱がある場合、必ずといっていいほど(多くの場合頓服で)解熱剤を処方されます。
39度近くまで発熱があると頭痛や倦怠感があり、食欲がおちます。
どうしても仕事や試験で熱を下げたい時もあるでしょう。
はっきりとした基準はありませんが、38.5度以上の発熱が2−3日以上続き、食事もとれないなら適応です。
ただ熱は下げないといけないものではありません。
安静が基本です。
服用の間隔は6時間以上です。
解熱剤は消化管粘膜を痛めることが知られており、食べ物と一緒に服用するのも大事です。

解熱剤で熱がさがったことは病気がなおったことを意味しません。
安易に使って熱を下げることの功罪も多くあることを覚えてください。
また、健康なときの自分の体温(平熱)を測定して、知っておくことも大事です。