熱中症を防ごう

北見病院外来看護師
阿部 久美子


暑い環境にさらされたり、スポーツや肉体労働などによって体温が上がると、大量に汗をかきます。
そのまま水分や塩分を補給しないでいると、血液の流れに異常が起こり、さまざまな臓器に障害をきたすことを「熱中症」と言います。

加齢によって熱中症が起こりやすくなる

高齢者の場合、日常生活の中での発症が多く、屋内と屋外の発症割合は半々です。

一般的に高齢者は、体内の水分量が少なく脱水を起こす危険性が高くなっています。
それに加えて温度の変化やのどの渇きを感じにくく水分摂取が不足がちになります。
他にもトイレが近くなることを嫌がって水分を控えたり、エアコンを使わなかったりすることや、持病の薬の影響などによって熱中症が起こりやすくなっていることもあります。

そのため若い年代の人に比べて重症化しやすいのが特徴です。
高齢者の熱中症は、はっきりとした症状が現れないことが多く、「めまい」や「立ちくらみ」、「脚の筋肉がつる」などは他の病気の症状と区別がつきにくく、気づかないうちに熱中症が進行している場合があります。

<症状と対策>

重症度
症状
対処法
軽 度 ・めまい 
・立ちくらみ
・脚の筋肉がつる
・涼しい場所に移る
・体を冷やす
・水分・塩分の補給
中等度 ・頭痛  ・吐き気
・吐く  ・だるさ
・救急車を呼ぶ
・涼しい場所に移る
・体を冷やす
・できれば水分・塩分の補給
重 度 ・ふらふらする ・立てない
・意識障害 ・けいれん



<熱中症の予防>

1. 温度・湿度を確認する(室温は28度以下、湿度は70%以下を目安に調整しましょう)

2. エアコン、扇風機や換気扇の活用(エアコンの場合、就寝中用の機能などを使って温度管理を行うといいです。部屋の空気を循環させるために扇風機や換気扇も使いましょう)

3. 窓からの直射日光を避ける(すだれ、カーテンなどで直射日光をさえきります)

4. 体を暑さに慣らしておく(本格的な暑さが始まる前に外出を心がけて暑さに慣らし、暑い時期はなるべく日中の外出を控えます)

5. 水分の補給(こまめに冷たい水分を補給します。大量に汗をかいたときには塩分も忘れず補給しましょう。就寝中も要注意です。寝る前にしっかり水分補給することが大切です)

6. 涼しい服装を心がける(汗を蒸発させやすい機能性下着や衣類が売られています)

7. 冷やしたタオルで体を拭いたり、保冷剤を使った予防グッズの利用も有効です