食中毒を防ぎましょう

北見病院栄養科
主任 梅沢臣代


食中毒とは、飲食物等を介して体内に入った、病原微生物や有毒・有害な化学物質によって起こるもので、比較的急性の胃腸炎症状を主な症状とする健康障害です。

☆食中毒を防ぐポイント

食品の保管
1 指定された方法で保存し、消費期限のある食品は期限内に食べきるようにしましょう
2 保管温度の管理に気をつけましょう
  冷蔵庫は10度以下、冷凍庫はマイナス15度以下が目安です
3 食品は種類ごとに区分し、蓋付きの容器やラップなどで密封しましょう


調理上の注意
1 食品に細菌を付けない事が第一。こまめな手洗いをしましょう
  ◎手のひら、手の甲、指先、指の股、手首の順に石鹸でよく洗い流水ですすぎ、清潔なタオルやペーパータオルでよく水分を拭き取るとよいでしょう
2 包丁、まな板などからの二次感染を防ぎましょう
  ◎しっかり洗浄と除菌をして、よく乾燥させましょう。野菜用、生物用と種類別に分けるとより効果的です
  ◎スポンジも使用後水分を絞り、市販の除菌もできる食器用洗剤をかけ、何度か揉むようにして全体に行きわたらせると除菌ができ、清潔に使用できます

3 肉や卵はしっかり加熱しましょう
  ◎75度以上1分間以上の加熱でほとんどの細菌が死滅します
4 生鮮魚介類は流水で洗いましょう
  ◎夏季の海産物に付着する腸炎ビブリオは、真水に弱いので流水でよく洗いましょう



食事の時の注意
1 温かい料理は温かいうちに、冷たい料理は冷たいうちに食べて下さい。調理後の食品は室温で長く放置すると細菌が繁殖します
2 バーベキューや鍋料理では、生肉に触れた箸やトングで加熱後の肉や野菜に触らないようにしましょう
   カンピロバクタ―や腸管出血性O−157は少ない菌数でも感染します。北見は焼肉好きの街です。食べる機会が多いので気をつけて下さい                 
3 残った食品は早く冷えるように浅い容器に小分けして保存しましょう。温めなおす時には十分に加熱しましょう


食中毒は一年を通じて発生しています。
 道内で発生する食中毒の約半数が、カンピロバクターやサルモネラなどの細菌によるものです。
 細菌が繁殖しやすい7月〜9月は特に注意が必要です。
 有毒植物や毒キノコによる食中毒は春・秋に多発し、ノロウイルスによる食中毒は冬に多発しています。

季節に応じてこのようなものへの特別な注意も必要です。
正しい知識と情報で食中毒を防ぎましょう。