インフルエンザ 予防と感染時の対応

診療技術科主任 田中裕之


インフルエンザは、例年12月〜3月頃に流行します。
主な症状は38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などです。
小児ではまれに急性脳症を、ご高齢の方や免疫力が低下している方では肺炎を併発し、重症になることがあります。

予防 まずは流行前にワクチン接種を
インフルエンザワクチンは、インフルエンザに感染しても症状が軽くすみ、重症化防止に有効です。
効果が出るまでに2週間程度かかることから、12月中旬までにワクチン接種を受けることをお勧めします。

・ 外出後に手洗い・うがいをしましょう
手洗いは手指などに付着したインフルエンザウイルスを除去するために有効です。
また、鼻や口には触れないようにしましょう。
特に外出後はうがいとともに必ず行ないましょう。
他の感染症の予防にも有効です。普段から行なう習慣づくりが大切です。

・ 体調管理・湿度・マスクについて
十分な睡眠とバランスのとれた食事、適度な湿度(50〜60%)を保つことも効果的です。
人混みに出る場合のマスク着用もある程度効果があるといわれています。

感染しちゃったかな?
・インフルエンザが流行する時期は、具合が悪くなったら早めに医療機関を受診しましょう。
・水分を十分に補給し、安静にして、十分な睡眠をとりましょう。
・周りの方へうつさないために、咳・くしゃみなどの症状がある時は、マスクを着用しましょう。鼻をかんだ後、咳やくしゃみを手で覆った後はウイルスが手についていますので、必ず手を洗いましょう。
・小児、未成年者では、インフルエンザの罹患により、異常行動を起こすおそれがあるので、自宅において療養を行う場合、少なくとも発病後2日間は1人にならないようにしましょう。

治療薬について
現在日本には4種類の抗インフルエンザ薬があります。
どの薬も効果は類似していて、ウイルスの増殖を抑えることで、通常4〜5日とされる解熱までの期間を平均1日短くしてくれます。
すでに体内にいるウイルスを退治することはできませんから、熱や痛みを緩和する作用はありません。

北見病院には「タミフル」と「イナビル」という薬を配置しています。
「タミフル」はカプセルで1日2回5日間服用します。
以前、ニュースにもなった異常行動の副作用があり10代の患者さんは使用できません。
「イナビル」は長時間効果の持続する吸入薬で、薬局の窓口で吸入してもらったらそれで終わりです。
10代の患者さんも使用できますが、異常行動の副作用のリスクはあると言われています。