あなたの肺は何歳ですか?
  「肺年齢」で肺の健康リスクがわかる!



 臨床検査技師 牧野明子
                                  
肺の呼吸機能は、20歳前後をピークに加齢とともに低下します。
この呼吸機能低下に拍車をかける主な原因が喫煙です。
現在の自分の呼吸機能がどの程度なのかを、簡単に知ることができるのが「肺年齢」です。

肺の老化=肺の破壊!
私達は鼻や口から空気を吸い込み、気管支を通して肺胞で酸素を体内に取り入れています。
タバコの煙や微小な粒子を吸い続けていると、気管支や肺胞に慢性的な炎症が起こり、肺胞が破壊されます。
破壊により肺がスカスカになると呼吸機能が低下するのです。
この病気を「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」といいます。



身近にひそむCOPD「タバコ肺」
「COPD」は肺に炎症が起こり、気道が狭くなることで息がしにくくなる病気です。
COPD患者さんの9割以上に喫煙歴があるので、別名「タバコ肺」とも呼ばれています。
「すぐに『息切れ』をしてしまう」、「『せき』や『たん』が続く」というのはいずれもCOPDの特徴ですが、「息切れ」は老化のせい、「せき」や「たん」は風邪のせいと考えて見過ごされがちです。

日本では40歳以上の約530万人がCOPDの疑いがあると推定されており、決して珍しい病気ではないのですが、実際に治療を受けているのはわずか17万人と少ないのが現状です。

長年の喫煙などで破壊されてしまった肺胞は元の状態に戻ることはありません。
現在問題がなくても肺年齢を知ることで肺の健康リスクを自覚しておくことが大切です。

「肺年齢」を呼吸機能検査で測定してみよう!
「肺年齢」は、一秒間に吐ける息の量(一秒量)を測定して、同姓・同年代の標準値との比較で算出します。
結果は検査をしたその日の診察時にわかります。
実年齢より肺年齢が高く、その差が大きいと、COPDの疑いがあります。
COPDが疑われる場合は症状の改善や病気の進行を抑えるために早期治療が必要です。
□40才以上で喫煙歴がある
□せき・たんがしつこく続くことがある
□階段を上るときなどに息苦しいことがある
これらひとつでも当てはまるようでしたら受診をおすすめします。

治療のスタートは禁煙
当院では禁煙外来を行っています。
禁煙を考えている方は、当院医師・看護師にご相談下さい。