眠っている間に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群

北見病院 武田雄太医長
1.睡眠時無呼吸症候群(SAS: sleep aphea syndrome)とは

睡眠時無呼吸症候群(以下SASと略)は睡眠中に10秒以上呼吸が停止し、無呼吸が5回以上繰り返される病気です。
睡眠時無呼吸チェックリスト
夜こんなことはありませんか?
□いびきをいつもかく
□家族から時々息が止まっていると言われる
□苦しくて目が覚める
□夜トイレに何度も起きる
□口が渇く
□胸焼けがする

昼こんなことはありませんか?
□いつも眠い、居眠りする
□だるい、疲れる
□仕事に集中できない

病気で困っていませんか?
□高血圧なのに薬がよく効かない
□心臓の病気がある
□肥満や糖尿病である

夜の項目でチェックが2つ以上あり、昼の項目、あるいは病気の
チェック項目にも該当するなら、睡眠時無呼吸が疑われます。

症状はいびき、昼間の眠気、熟睡感が無い、起床時の頭痛などがありますが、本人に自覚症状が無いか軽微なため放置されていることも多く、いびきや無呼吸の存在をご家族や友人などに指摘されて初めて病院を受診することも珍しくありません。

SASは糖尿病や高血圧などの生活習慣病と密接に関係しており、放置すると生命の危険に及ぶこともあります。
またSASによる眠気は交通事故や労働災害を引き起こす危険もあるため、早期に適切な治療を開始することが大切です。

2.SASの原因や重症度を調べるには

 無呼吸を指摘される、昼間の眠気などがある場合は、医療機関を受診しましょう。
診察の際に睡眠、自覚症状について質問させていただき、その後の検査方法を決定します。
SASが疑われる場合は夜間の睡眠時の状態を観察するために一泊入院で検査をします。

 検査は簡易検査と終夜ポリグラフィー(PSG)とがあります。
基本的には簡易検査を実施した上で、SASが疑われる方にPSGを実施します。
PSGは睡眠の深さ・質と呼吸状態を同時に測る検査です。
体に電極・センサーをつけて脳波や心電図、胸部・腹部の動き、動脈血中の酸素量などを計測し、その結果を医師が総合的に判断します。
痛い検査ではありませんのでご安心ください。
問診の時点で、SASが強く疑われる患者さんに対しては直ぐにPSGを実施して早期診断をします。

3.治療方法は?
 軽症の方は減量や飲酒を控えるなど生活習慣の改善により、症状が軽減することがあります。
重症の方は、CPAP(シーパップ)療法が第一選択です。
これは顔面に装着した鼻マスクに連結された機器から空気が一定圧で送り込まれ、睡眠中に喉が塞がってしまうのを防ぎます。
使用開始当初はマスク装着による顔面の違和感や空気が気道へ強制的に送り込まれることによる不快感を自覚しますが、使用するうちに慣れてきます。
CPAP治療を開始した場合、月1回外来受診による管理が必要となります。費用は3割負担の患者さんでは月4760円です。

当院で検査、診断、治療が行えます。SASについて気になる症状がありましたらご相談ください。