熱中症を防ぐために

北見病院外来看護主任
  小坂 亜樹

今年は猛暑が続き、全国的に熱中症で体調を崩される方が多くなっています。
北見も急に暑くなりましたので、高齢者だけでなく若い方も熱中症の症状を訴え受診される方がいらっしゃいます。
熱中症は気温が高い日に水分をとらずに外にいるときになるものと思われていますが、湿度が高く風通しの悪い室内でもなりやすいので、注意が必要です。


熱中症の予防には「水分補給」と
『暑さを避けること』が大切です

水分・塩分補給
高齢者や小児は脱水になりやすいので、のどが乾かなくてもこまめに水分・塩分の補給をしましょう。


室内環境
扇風機やエアコンを使って温度調整をしたり、こまめな換気や遮光カーテン・打ち水などで室温を上げないようにしましょう。無理な節電のため、エアコンを使わないで、我慢!はしない方がいいでしょう。

体調に合わせて
まめに体温測定をしましょう。通気性が良く、よく汗を吸い、すぐに乾く素材の衣服を選びましょう。保冷剤や冷たいタオルでわきの下や首の横・足のつけ根を冷やすのも効果的です。

外出時の注意
外出時は日傘や帽子を着用、日陰を利用して、こまめに休憩をとりましょう。天気の良い日は昼下がりの外出を出来るだけ控えましょう。

もし、熱中症が疑われたら…

@ 涼しい場所へ移動する
A 服を脱いで、身体を冷やす
B 水分・塩分を補給する

自力で水を飲めない、吐いている、意識がない場合は直ちに救急車を要請しましょう!

高齢の方は特に注意が必要です

熱中症患者のおよそ半数は高齢者です。
暑さや水分不足に対する感覚機能が落ち、暑さに対する体の調節機能も低下しています。
一人ひとりが周りに気を配り、熱中症の予防を呼びかけあうことで、発生を防ぐことが大切です。
熱中症対策をしっかり行い、北海道の短い夏を乗り切りましょう!