知って防ごう!インフルエンザ

北見病院 薬剤師 脊戸 麻里



冬になると流行し皆が嫌がるもの―インフルエンザ。
年末で忙しく、人が集まる機会が増えるこの時期、特に注意が必要です。
この冬を元気に過ごせるよう、万全の対策で臨みましょう。

〈インフルエンザとかぜは別物〉
 かぜは様々なウイルスによって起こり、のどや鼻の症状が中心です。全身症状はあまりなく、発熱もそれほど高くありません。
 一方、インフルエンザはインフルエンザウイルスによって起こり、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れ5日程続きます。
咳などかぜと同様の症状も見られます。子どもでは脳症、高齢者では肺炎を伴うなど重症化することがあります。

〈かからないために〉
1)流行前のワクチン接種
ワクチンは、発病の可能性を低くし、かかった場合の重症化防止に有効です。
流行時期が12〜3月で、効果は接種した2週間後から5ヶ月程度までと考えられているため、12月中旬までに接種を終えることが望ましいです。
また、多くの方が受けると全体の免疫が高まり、流行自体を抑える効果も期待できます。

2)外出後の手洗い・うがい
インフルエンザは咳、くしゃみなどと共に放出されたウイルスをのどや鼻から吸い込んだり、ウイルスがついた手で目や鼻や口を触ることで感染します。
流水・石けんによる手洗いの他、アルコール製剤による消毒も効果的です。

3)適度な湿度の保持とこまめな換気
空気が乾燥すると鼻やのどの防御機能が低下します。
加湿器などを使って適切な湿度(50〜60%)を保つのも効果的です。
また空気が滞るとウイルスが長時間空中を舞うことがあるため、換気も重要です。

4)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取により抵抗力を高める

5)人混みを避け、外出時にはマスクを着用
特に高齢者、妊婦、持病のある方などは注意が必要です。
人混みに入る場合、時間は極力短くしましょう。


〈かかってしまったら〉
○具合が悪ければ早めに受診
○休養、特に十分な睡眠をとる
○水分を補給する。お茶やスープでも良い。
○咳やくしゃみなどのある時はマスクを着用する
○外出を控える(発症後一週間程度はウイルス排出されます)

抗ウイルス薬は、発熱期間を約1日短縮したりウイルス排出量を減らすと報告されていますが、熱が下がっても周囲への感染力はあり、肺炎などの合併症を発症する危険性もあることから、やはり予防が重要です。