おくすりQ&A

オホーツク勤医協北見病院
 薬剤科 科長
上牧 弘幸

私たちはテレビ、本、ネットなどあふれかえる情報に接しています。
しかしその中には正しくない情報も多く含まれています。
私たち薬剤師には薬に関して間違った情報をきちんと排除して、正しい情報を広める役割もあります。
今回は薬に関するよくある質問をQ&A形式で説明したいと思います。

Q.血圧や血糖の薬は一度飲み始めたらやめられないって聞いたけど?

A.そんなことはありません。生活習慣病では食事や運動などの生活習慣の改善が治療の第一ですから、そちらをきちんと行うことで薬が必要なくなることもあります。ただし生活習慣によらない高血圧や糖尿病ではやめることはできません。


Q.血をサラサラにする薬を飲んでいたら納豆は食べられないの?

A.「血をサラサラにする薬」とは'血栓を予防する薬'のことを意味しています。人によってはコレステロールを下げる薬など他の種類も「サラサラにする薬」と認識している方もおられるようです。納豆が食べられないのは「ワルファリン(当院ではワーファリン)」という血を固まりにくくする薬を使用している方だけです。その他の方は安心して食べて下さい。


Q.血圧の薬を使っていたらグレープフルーツは食べられないの?

A.血圧の他、ごく一部の薬では薬の効果を強めてしまう相互作用があります。しかし問題になるのはグレープフルーツではなくその果汁を凝縮しているジュースのほうなので、フルーツそのものは問題ありません。


Q.家にあった薬を使いたいけどいつまで大丈夫?

A.薬は光、湿気、温度で変質します。薬により安定性は異なり、保管状況にもよるので正確な答えはありませんが、陽のあたらない引き出し等に保管しておおむね1年とお答えしています。古い薬はもったいないですが安全のため処分しましょう。


Q.風邪で受診したのに抗生物質(抗菌薬)をくれなかったけど大丈夫?

A.いわゆる風邪とまとめて呼んでいる感冒は抗生物質で治すことはできません。風邪の原因はいくつかのウイルスが原因であるため、細菌を抑える抗菌薬では治療することができないのです。風邪のウイルスを退治できるのは自分の免疫力でしかありません。しっかり栄養をとってしっかり寝ることが一番大事です。咳や鼻水などの症状がつらいときはある程度薬でおさえることはできます。


薬のことで何か気になることがあったら気軽に薬剤師に相談してみてください。