高齢者の住まいについて

居宅介護事業所勤医協 所長 来生 裕子


誰もが最後まで自宅で暮らしたいと願っていますが、さまざまな理由で自宅ではない場所で暮らさなければならなくなる時があります。
そんな時、どんなところがあり、どこを選べばいいのか、いろいろある高齢者の住まいの特徴を紹介します。

介護保険の施設
@ 特別養護老人ホーム〜身体上精神上著しい障害の為常時介護を必要とする方が入所する施設です。

A 老人保健施設〜リハビリを中心とした医療サービスを受け在宅復帰を目指す施設です。

B 療養型医療施設〜療養上医療を必要とし、病状が安定しており、長期にわたる療養や介護が必要な方が入所する施設です。

Cグループホーム〜認知症の方が介護スタッフの介護を受けながら5〜9名で共同生活を送る施設です。

有料老人ホーム
@ 介護付有料老人ホーム(特定施設入所者生活介護)
介護保険の特定施設認定を受けている住宅で、施設内でサービスがまかなわれるため、デイサービスやヘルパーなどは利用できません

A 住宅型有料老人ホーム
特定施設の認定を受けていない住宅で、介護サービスは外部のサービスを利用します。
ヘルパー事業者などが併設されている場合と小規模多機能居宅介護事業所に併設している住宅もあります。

軽費老人ホーム
身寄りがない、経済状況、家庭環境などにより家族との同居が困難な方が自治体の助成を受ける形で比較的低額で入居できます。

サービス付高齢者住宅
 居室の広さや設備、バリアフリー構造に関して明確な基準が義務付けられた高齢者向き居住施設で高齢者住まい法に基づき認可された住宅です。
安否確認と生活相談のサービスが必ず提供され、介護サービスは在宅と同様に利用できます。(サービス事業者が併設されているところもあります。

養護老人ホーム
 身体的精神的理由や経済的理由、家庭環境などにより自宅で生活できないと判断される自立した高齢者を受け入れる社会福祉施設です。
要介護1以上の認定を受けている方は入居できません。介護サービスは利用出来ません。

特定施設や小規模多機能居宅介護が併設されていないサービス付高齢者住宅や住宅型有料老人ホームでは、自宅で暮らすのと同様に外出や旅行などが自由にできます。

どのような生活を送りたいかじっくり考えて自分にあった施設を選択しましょう。
その時の身体の状況や住宅の方針により入居などの基準が違うので充分説明を受け見学することが大切です。