健康食品とサプリメント

オホーツク勤医協 北見病院
上牧 弘幸
(薬剤科長)

健康食品やサプリメントと聞いて思いつくものはどのくらいありますか?
ニンニク、ウコン、ローヤルゼリーなど見た目にも食品そのものだったり、グルコサミンや、ビタミン類、カルシウム、鉄、亜鉛など錠剤やカプセルになっているものなど世の中にはたくさんの種類の健康食品があり、その市場規模は2兆円に迫る勢いだとか。
みなさんの中でも使用している人は少なくないのではないでしょうか?

健康食品で今一番売れているのがテレビCM等でおなじみ「グルコサミン」で以後「コラーゲン」「ビタミンC」「青汁」と続くそうです。
それではこの健康食品とサプリメント、そして医薬品とでは何が違うか区別ができる方はどのくらいいらっしゃるでしょう。


医薬品と食品・サプリメントの違い

医薬品と食品等との違いはなんとなくわかるかと思います。
イメージとしては病院か薬局で処方されるか購入して、病気を治すために使用するのが医薬品、薬局やスーパー、通販などで購入して健康を維持するのが健康食品とだいたいこんな感じでしょうか?
では健康食品とサプリメントではどうでしょう。
おそらく錠剤やカプセルならサプリメントとなるのでしょうが、実は法的には明確な違いはなく「食品」の仲間になります。
医薬品と食品の違いの大きなひとつに、医薬品は試験により効果が立証され明示することができるけれど「食品」にはそれができないということがあります。
健康食品のCMを注意してみると、「〜に効く」「〜の治療に」とは言っていません。
使用した方の感想ですというト書きが添えられて「楽になりました!」「手放せません!」という広告をしているはずです。


特定機能性食品とは

しかし食品でも「血圧」や「血糖値」などと具体的に目的を宣伝することができる食品があります。
それが「特定保健用食品」通称「トクホ」と呼ばれる食品類になります。
血圧、コレステロールなどを正常に保つことを助けたり、お腹の調子を整えるのに役立つなどの効果がある程度期待できる成分が含まれています。
有効性や安全性について審査を受け、表示に国の許可を受けて販売されています。


健康食品は上手に使えば健康を維持するのに役立つことは間違いないと思います。
しかし医薬品やトクホとは違い何の制約もなく自由に売ることができます、
ということは効果はもちろん質の保証もありません。
健康食品による健康被害が話題になったこともありました。
また押し売りや、元気に過ごしたいという気持ちに付け込んだ詐欺まがいの商売など金銭的の問題にも注意が必要です。

厚労省のホームページでも以下のように警告しています。
「過大な効果をアピールする広告、過度の期待感を抱かせる広告にはくれぐれも気をつけましょう」と。

みなさんも何か不安な点があれば買う前に誰かに相談してみてくださいね。もちろん病院でもお気軽にどうぞ。