糖尿病の基礎知識

オホーツク勤医協北見病院
 阿部久美子(外来看護主任)

現在日本人の40歳以上の10人に1人は2型糖尿病です。

その数は予備群も含めると1600万人以上いるといわれています。
予備群の方は数年のうちに糖尿病を発祥する確立が非常に高いため注意が必要です。
糖尿病の基本を知って、病気の予防や進行防止に役立てていただきたいと思います。

糖尿病とは
糖尿病とは、血液中のブドウ糖が増える病気です。
血液中のブドウ糖が増えるので、尿にもブドウ糖が出ます。
ブドウ糖は様々な臓器で活用されていますが、特に脳ではブドウ糖だけがエネルギーとなるのでとても重要です。
ブドウ糖を肝臓や筋肉に動物性デンプン「グリコーゲン」の形で蓄積をし、適宜それをブドウ糖に戻して利用したりします。

さて、先ほど血液中のブドウ糖が増えるので尿にもブドウ糖が出ると言いましたが、尿にブドウ糖が出ていなくても糖尿病の場合もあります。
特に高齢者は血糖値が高くても尿にブドウ糖が出にくい傾向があります。
血液中のブドウ糖が健康な人よりも高い状態が糖尿病なのです。

糖尿病は初期のうちは自覚症状がほとんどありません。
進行すると口の渇き、多飲・多尿、体のだるさや疲れやすくなるなどの症状が出てきます。
糖尿病は一生付き合っていかなければならない病気の一つです。
目や腎臓に合併症などを併発しやすいので生活習慣の見直しや投薬で上手にコントロールし付き合っていくことが大切です。

1型糖尿病と2型糖尿病
血液中のブドウ糖の量を調節するのが「インスリン」と呼ばれるものです。
血糖値はインスリンの働きが悪かったり、不足したりしていると上昇します。
インスリンは膵臓で作られています。
膵臓の働きが悪くなるとインスリンを作らなくなり、インスリンを注射で外部から補充してあげなければならなくなります。
糖尿病には1型と2型の二つのタイプがあります。
簡単に言うと1型は膵臓の細胞が破壊されてインスリンを分泌することができなくなり発症し、生活習慣とは関係ありません。

2型は肥満や運動不足、ストレスなどによって、膵臓から分泌されるインスリン量が減少したり、体内でのインスリンの働きが悪くなって発症します。
一般的にみなさんがイメージしている糖尿病は2型糖尿病にあたると思います。

糖尿病の方の割合は年齢が上がっていくにつれ増えて行きます。
また、肥満は糖尿病を引き起こす大きな要因です。
今は痩せていたとしても、昔、肥満だった方も要注意です。
今大きな問題になっているメタボリックシンドロームも糖尿病と大きな関係があります。
食生活の欧米化や運動不足などが糖尿病の原因です。
糖尿病にかかりやすい生活習慣は一度チェックしてみるといいかもしれません。

北見病院では糖尿病教室を定期開催しています。
参加は自由です。気軽にご参加ください。