税金で思わぬ損をしないために 
医療費控除について


オホーツク勤医協北見病院
事務員・社会福祉士 柄澤 睦美


医療費控除とは1年間に支払った医療費に対して所得税・住民税の一部が戻る制度です

●内容
 → 前年(1月1日〜12月31日)に支払った医療費(自己負担分)の総額が、10万円を超えた場合、または合計所得金額(世帯収入)の5%を超えた場合、最高200万円までの医療費控除が受けられます。
家族にかかった医療費をまとめて、一人の名前で控除することが出来ます。

●対象
 @医師、歯科医師による診療費、治療費。
 A治療、療養のための医薬品の購入。
 B病院、診療所、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、助産所の入院・入所費。
 C治療のためのあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術費。
 D看護師等に支払った療養上の世話の費用。
 E助産師による分娩の介助料。
 F妊娠と診断されてからの定期検診や検査等の費用や通院費、出産時に入院するための
  交通費(ただし、健康保険組合などから出産一時金などが支給されるため、その金額は差し引く)
 G介護保険制度のサービスを利用した費用(サービスの種類により制限がある)
  ※介護保険利用料の自己負担のうち、医療に相当する部分は対象です。
 H通院費(ただし、自家用車を使用した際のガソリン代や駐車料金は含まれません)
  入院中の部屋代や食事代、医療用器具の購入代やレンタル料で通常必要なものの費用
 I義手、義足、松葉杖、補聴器、義歯等の購入費。
 J6ヶ月以上寝たきり状態で、医師がおむつを必要と認めた人のおむつ代。
 Kストーマ用装具代。
※なお、J、Kについては医師の「証明書」が必要です。

●対象にならないもの
 @医師に対する謝礼
 A健康診断や美容整形の費用
 B疾病予防や健康増進のための医薬品や健康食品の購入費
 C近視、遠視、乱視などの矯正用メガネ、コンタクトレンズの購入費
 D入院中の身のまわり品の購入代金


●利用方法
 申告用紙、給与所得の源泉徴収票、印鑑、医療費の領収書などを持って、翌年の3月
15日までに管轄の税務署で確定申告をします。
詳しくはお住まいの税務署にお問い合せ下さい。
(北見税務署:北見市青葉町3-1、TEL:0157-23-7151)


●コメント
・5年前までさかのぼって申告することが出来ます。(年中いつでも受け付けている)
・交通費の領収書が無い場合、家計簿でも申告できる場合があるので、税務署へ相談して下さい。
・正しい計算で申告することで、住民税課税だった方が非課税になり、医療費の窓口負担が軽減されたり、公営住宅の家賃が安くなるなど他の制度利用にも連動することがあります。


●医療費控除で返還される金額(目安)


医  療  費
年収15万20万 30万 40万50万
400万5,000円10,000円 20,000円30,000円40,000円
500万5,000円 10,000円20,000円30,000円40,000円
600万 5,000円10,000円20,000円30,000円40,000円
700万 5,000円 10,000円20,000円30,000円40,000円
800万10,000円20,000円40,000円60,000円 80,000円
900万10,000円20,000円40,000円 60,000円80,000円

※会社員の家庭の夫婦と子ども(0〜15歳)2人の4人家族、妻は専業主婦の場合であくまで目安です。
・医療費控除で戻る額は医療費自己負担額の10%が目安です。

●医療費控除額算出方法

1年間に
支払った
医療費
- 還付された額
高額医療費、高額療養費、
出産育児一時金、健康保険組合付加給付など
-10万円 医療費控除額
最高200万円

※合計所得金額200万円未満の場合は、年収の5%を引いたものが医療費控除額となります。