慢性閉塞性肺疾患について


オホーツク勤医協北見病院 森下愛弥(リハビリ科 作業療法士)


慢性閉塞性肺疾患(以下COPD(シー・オー・ピー・ディ))ってどんな病気

 COPDとは、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。
タバコなどの有害な物質を吸い込むことによって、気管支や肺に炎症が起こる病気です。
この病気は別名タバコ病といわれるように、患者の90%以上は喫煙者です。
長期的な喫煙習慣により発症することが多く、肺の生活習慣病といわれています。
症状としては、少し動いただけで息切れを起こしたり、「せき」や「たん」が増加したりします。

まずは、簡単にCOPDチェックを
 ※3つ以上当てはまる方はCOPDの可能性も・・・
○ 風邪でもないのに「せき」がでる
○ 風邪でもないのに「たん」がでる
○ 同世代の人と比べて息切れがしやすい
○ 現在タバコを吸っている、または吸っていた

早期治療が大事!

COPDは早めの治療が重要になります。
治療は重症度によって決まりますが、まずは、禁煙が大事になります。
そして、薬物治療・運動療法・そして栄養の管理が基本になります。
重症になると酸素療法が必要になります。
また、COPDになると肺炎などの感染症が重症化しやすくなるため、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンも有効です。
また、COPDは肺だけでなく、全身に合併症を引き起こします。
息切れなどの自覚症状を軽くすることにより、楽に日常生活が送れるようになります。
早期の診断に役立つ検査が肺機能検査です。
肺活量と息を吐くときの空気の通りやすさを調べる検査です。
この検査により病気の進行度がわかります。
 
多職種連携でパンフレット作成

COPDをはじめ、様々な呼吸器疾患が年々増加しています。
呼吸器疾患に対する知識の向上と管理を高めるために、昨年呼吸器グループを立ち上げました。
様々な職種がそれぞれの専門的な知識を共有して学習を深めています。
現在は「COPD療養パンフレット」を作成しています。
病気やお薬のほかにも、栄養や運動そして生活での工夫を紹介し、わかりやすいパンフレットになるように作成しています。
今後は、患者様に対する学習会や交流会を行いたいと思います。

病気の進行を遅らせ、合併症を引き起こさないためにも早期治療が大事です。
息切れや「せき」や「たん」の増加がある場合は、早めに受診しましょう。