「糖尿病足病変・フットケアについて」

オホーツク勤医協北見病院  佐々木 佑夏(病棟看護師) 


みなさんは糖尿病足病変という言葉を聞いたことがありますか?今回は糖尿病を原因とする足病変と足の観察とお手入れ(フットケア)についてお話させていただきます。

糖尿病足病変とは
糖尿病による神経障害や血流障害(動脈硬化により血液の流れが悪くなったりする)などの合併症が原因で、足にえぐれたような傷が出来たり(潰瘍)、足が黒く変色して悪臭がしたり(壊疽)することを糖尿病足病変といいます。
神経障害が進行している場合では痛みに鈍感になってしまい、傷や炎症に気付くのが遅れてしまうことがあります。
また傷や炎症が悪化することで潰瘍や壊疽を起こしやすくなり、足切断という最悪の結果を招く危険性もあります。
そのため、予防と早期発見が大切です。

糖尿病足病変を予防するには
 フットケアとは足の観察と予防対策・お手入れのことです。まずは、チェック表を参考に自分で足の状態を日ごろからよく観察するようにしましょう。

糖尿病の進行による変化をチェック

@末梢神経の働きが低下する。
 □しびれや痛みがあったり、感覚が鈍くなっていませんか?
 □足がいつもほてっていたり、つりやすかったりしませんか?

A動脈硬化が進行して、血流が低下する
 □足が冷たくありませんか?
 □足の色が悪くなっていませんか?

B皮膚の抵抗力が低下する
 □傷が治りにくくなっていませんか?
 □ちょっとしたことで化膿しやすくありませんか?

潰瘍などに進展する病変をチェック
以下のものがないか、こまめにチェックしましょう。
ある場所は悪化させないように、治療が必要です。
□うおのめ、胼胝(たこ)   □皮膚の乾燥、ひび割れ
□切り傷、ひっかき傷     □靴ずれ
□水ぶくれ          □腫(はれ)
□皮膚の色の変化       □化膿(かのう)・悪臭

つぎに、自分でできる予防対策・お手入れ(セルフケア)を紹介します。


<セルフケア>
1. 毎日、足を洗い、よく乾燥させて、清潔にしましょう。
→洗うときのお湯の温度は熱くしないように、37〜39℃程度にしましょう。
2. はだしで歩かず、靴下を履きましょう。
→靴下は洗った清潔なものを身につけましょう。
3. 靴は自分の足に合ったものを履きましょう。
→履いて痛みのないもの。足の指が当たらないもの。
4. 靴を履くときは、中に小石などの異物が入っていないか確認しましょう。
5. やけどしないように、こたつやあんかなど直接皮膚に近づけないように気をつけましょう。
6. 皮膚が乾燥していたら、保湿クリームなどを使用してひび割れなどがないように予防しましょう。
7. 胼胝(たこ)やうおのめを自分で削ったり、自己流で治療しないようにしましょう。
8. 爪はまっすぐに切り、角を深く切り込み過ぎたり、深爪しないようにしましょう。
9. 神経障害や視力障害のある方は、爪切りや足の観察は、ご家族など他の方に協力してもらいましょう。
10. 足に異変が出たら、放置せずに、すぐに受診しましょう。

北見病院では2カ月に1回、患者さんや地域の方々に向けて糖尿病教室を開いています。
糖尿病教室では、薬剤師・管理栄養士・作業療法士・医事課職員・看護師が講師となり、糖尿病とは?という基本的なことから糖尿病の合併症や、糖尿病の治療にかかる費用など少し踏み込んだ内容についてもわかりやすく説明しています。糖尿病を患っている方もそうでない方もたくさんの参加をお待ちしております!

次回の糖尿病教室は「糖尿病の検査について」9月24日(木)14:00から勤医協北見病院1階友の会室(玄関右手)で行います。予約等は必要ありませんのでお気軽にご参加ください。________________________________________
引用・参考
二プロ株式会社
糖尿病とフットケア監修 足のナースクリニック 代表
日本フットケア学会 副理事長
皮膚・排泄ケア認定看護師
西田壽代先生