インフルエンザと肺炎の予防

オホーツク勤医協北見病院
 進藤 真美(外来看護師)
 寒くなる季節、これから怖いのがインフルエンザの流行です。
インフルエンザをきっかけに肺炎になる方もいます。
今回は冬を元気にのりきるために、インフルエンザと肺炎の予防についてご紹介します。

○インフルエンザとは?
 インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れます。
併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見られますが、風邪よりも重症化することがあります。

○インフルエンザワクチンについて
 ワクチンは、インフルエンザを予防し、発症しても重症化を防ぎます。
 予防接種をうけ効果が出始めるのが接種後2週間と言われています。
効果はその1ヵ月後にピークとなり5ヶ月位継続すると言われています。
インフルエンザが流行するのは例年12月から3月です。
流行期までに免疫をつけるために、この時期(10月後半から12月)の接種をおすすめします。
 今年はワクチンを作るために使うウイルスをこれまでの3種類からA型・B型それぞれ2種類の合計4種類として効果の上昇が期待されています。

○肺炎とは?
 肺炎は、主に細菌やウイルスなどが肺に入り込んで起こる肺の炎症です。
症状は、風邪に似ていて発熱、咳、痰、呼吸苦、胸痛などです。
日常でかかりやすい肺炎において最も多いのは肺炎球菌による肺炎で、インフルエンザも肺炎を起こすきっかけになることがあります。
肺炎は季節を問わず誰でもかかる可能性があります。
肺炎は日本人の死因の第3位の病気です。
しかも、亡くなる方の約95%は65歳以上です。
65歳は、まだまだ元気な方が多いと思いますが、肺炎は発症後に急に悪化することもあります。

○肺炎球菌ワクチンについて
 ワクチンは、肺炎を予防し発症しても重症化を防ぎます。
接種後、3週間で効果が出始め、個人によって異なりますが効果は5年以上持続すると言われています。

インフルエンザや肺炎は、抵抗力が弱まった時に感染を起こしやすく、症状が重くなると命に関わる危険性もあります。
予防接種を受けても感染する可能性はあるため、日頃から手洗いやうがい、人ごみに行くときはマスクをして細菌やウイルスが体に入り込まないようにすることと、十分な休養とバランスのとれた食事に気をつけ体の抵抗力を強めることが大事です。

肺炎球菌ワクチン

【金額】(税込み)
北見市・訓子府町・置戸町の対象年齢の方 2,500円
津別町の対象年齢の方 4,600円
一般の方       6,200円

【接種対象者】
対象の方は市町村からの届けられたハガキを持参して受付窓口に提出してください。
 ご不明な点がありましたら市町村役場へお尋ね下さい。

【注意点】
インフルエンザワクチンと同時接種はできません。最低1週間の間隔が必要です。