冬の健康管理 脱水予防

北見病院総看護師長
小滝 由香

冬は夏のように汗をかかないから脱水にはなりにくいと思っていませんか?

冬は空気が乾燥しているため、不感蒸泄が増えます。
不感蒸泄とは皮膚や呼気(吐く息)などから失われる水分のことです。
そのため気づかないうちに脱水になっている事もあるのです。
冬に流行るインフルエンザや感染性胃腸炎による発熱や下痢・嘔吐による体液の喪失も脱水を起こす原因です。
体力のない子どもや高齢者は特に注意が必要です。
冬の脱水を予防し、寒さの厳しい冬を元気に乗り切りましょう。

のどの渇きを覚える前にこまめに水分補給
高齢者はのどの渇きを自覚しにくく、おしっこの回数を気にして水分補給を控えてしまう傾向にあります。
そのため若い人よりも脱水になりやすく、脳梗塞や心筋梗塞などにつながることがあるのです。
のどが渇いていなくても、こまめに水分を取ることが大切です。

脱水にはのどの渇き以外に、皮膚のかさつき、身体のだるさ、なんとなく元気がない、めまいや立ちくらみといった症状があります。
このような症状があるときには既に脱水が起きているため、水と一緒に塩分も補給する必要があります。
市販されている経口補水液やスポーツドリンクなどを常備しておくのも良いでしょう。
下痢や嘔吐、発熱による発汗などは身体の水分と一緒に大事な栄養素を大量に失ってしまいます。
このような時も少量ずつ水分補給することをお勧めします。
症状が重い場合は病院での治療が必要になります。

インフルエンザ・感染性胃腸炎の予防
手洗い・うがい・マスクの使用はインフルエンザや感染性胃腸炎の予防の基本です。
手洗いは外から帰ったとき、トイレの後、食事の前に石ケンを使って洗いましょう。
うがいはのどや口へのウイルスの付着を防ぎます。
うがい薬を使わなくても効果はあります。
マスクは病原菌の侵入を防ぐだけでなく、のどの保湿にも効果があります。

冬は外気の乾燥に加え、暖房を使用することにより室内の空気は非常に乾燥しています。
そのため、鼻やのど、気管支の粘膜も乾燥します。
粘膜が乾燥すると病原菌から身体を守る防御機能が低下します。
また、カゼなどを引き起こすウイルスは、低温で乾燥した環境を好みます。
加湿器やぬらしたタオルを干すなどして室内の湿度を50〜60パーセントに保つ工夫をしましょう。

なんでも健康相談室では、これからも皆さんのお役に立てるよう、日ごろからできる健康管理や介護についての情報をご紹介していきます。