熱中症にご注意!

外来師長 鈴木 純恵



気温の高い日が続くこれからの時期、熱中症になる方が増えてきます。
暑さの感じ方は、人によって異なり、高齢者や子ども、屋外で働く人、スポーツをする人は、特に注意が必要です。
今回は熱中症の症状や対策についてご紹介します。

熱中症患者さんのおよそ半数は65歳以上の高齢者です。
高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの感覚機能も低下しているので、よりいっそう注意が必要となります。

熱中症は高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもる(蓄熱)ために起こります。
屋外だけでなく室内でも発症することがあります。

《熱中症の症状》
めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感など。
   重症になると、返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱いなどの症状があわられることもあります。

《熱中症の予防》
  室内を涼しくしましょう
   ・扇風機やエアコンで温度を調節
   ・遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
   ・室温をこまめに確認

  外出時には、日差しをよけましょう
   ・日傘や帽子を利用
   ・日陰の利用

  からだの蓄熱を避けるために、衣服を工夫しましょう
   ・通気性の良い、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する。
   ・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす。

  こまめに水分補給をしましょう
   ・室内でも、外出先でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分、塩分などを補給する。
   ・外出時は、飲み物を持ち歩く。

  休息をこまめにとりましょう
   ・無理はしない。

《熱中症になったかも?と感じたら》
  ・エアコンが効いている室内や、風通しのよい日陰など、涼しい場所へ行きましょう。
  ・衣類をゆるめ、からだを冷やしましょう。
  ・水分、塩分を補給しましょう。
  ※自分で水分が飲めない、意識がない場合は、危険な状況です。
すぐに救急車を呼びましよう!

熱中症は、重症になると命に関わることもあります。
熱中症について正しい知識を身につけ、自分でできる熱中症対策を心がけましょう。体調の変化に気をつけて、暑い季節も安全にすごしましょう。