マウスケア用品の効果的な使い方

北見病院リハビリ科
言語聴覚士 佐藤 聡美


T&K株式会社の高田好美さんを講師としてお招きし、『マウスケア用品の効果的な使用方法』という内容で、演習を交えて職員対象の学習会を行ないました。
今回はその内容の一部をお伝えしたいと思います。

【口腔ケアの目的】
口腔ケアを行なう目的は、高齢者の誤えん性肺炎予防、口腔疾患の予防、食べることを支援することです。
口腔ケアをこまめに行なうことで、誤えん性肺炎の予防につながり、食事を美味しく食べることができます。

【口腔ケアの基本】
口腔内の汚れの7割が歯以外の粘膜にあるため、歯磨きだけではなく、頬や口蓋(こうがい)と呼ばれるお口の天井などの粘膜も歯ブラシではなく専用の口腔ケアブラシでの清掃が必要です。
ブラシは湿らせた後、よくしぼってからお口に入れます。
舌苔(ぜったい)のある方は、保湿ジェルを用いたこまめな保湿が重要です。
北見病院の売店で取り扱っているペプチサルトゥースペースト≠ニいうハミガキ剤を舌に塗って除去するのも効果的です。
ただし粘膜を傷つける恐れがあるため、汚れを一度に除去しようとするのは厳禁です。

【洗口液(マウスウォッシュ)の使い方】
水分を誤えんしてしまう方の口腔ケアでは、洗口液(マウスウォッシュ)を使用する際、洗口液をたっぷりと口腔ケアブラシにつけると誤えんの危険があり、困った経験をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなとき、洗口液を少量コップに入れブラシで泡立てて使用すると、さらさらだった洗口液がとろりとした泡になり、のどに流れていきにくくなります。

【入れ歯のお手入れ】
入れ歯は必ず外してから、柔らかい歯ブラシで洗います。
研磨剤入りのハミガキ粉は使用しないこと、夜間は外して洗浄剤に漬けることが基本です。
洗浄剤に浸ける際、容器にフタをしないで浸けていると効果は半減します。
入れ歯専用ケースかフタのある容器に入れ、フタをして漬けと良いです。
入れ歯のお手入れをする際に、入れ歯を高い位置で持つことはやめましょう。
万が一落下したときに割れてしまいます。
入れ歯は乾燥するとさらに割れやすくなるため、外した後は必ず水に浸けておきましょう。

今回ご紹介した口腔ケア用品は北見病院の売店で一部取り扱っております。
口腔ケアや口腔ケア用品の選び方などは北見病院リハビリ科の言語聴覚士、または看護師にお問い合わせください。
かかりつけの歯科医師に聞くのも良いと思います。
今日から新しい口腔ケアを試してみてはいかがでしょうか。