大腸がん検診(便潜血検査)について

診療技術科 放射線技師   野原 祐樹


 日本人の死亡原因の1位はがんです。
その中でも大腸がんによる死亡数が増え続けており、男性では3位、女性では1位となっています。(厚生労働省人口動態統計2015)

大腸の高い死亡数の要因には、食生活の欧米化、運動不足、喫煙などの生活習慣と低い検診率が関与しています。
日本は、以前より大腸がん検診の検診率は高くなっていますが、欧米に比べるとまだまだ低いのが現状です。
 
【 早期発見・早期治療の第一歩、大腸がん検診】
 大腸がんは進行が遅いため、早期発見・早期治療を行えば100%近く治るがんといわれています。
そのため大腸がん対策としては、早期発見・早期治療の第一歩、大腸がん検診が重要です。
大腸がんの初期には症状がなく、少しでも症状がある場合は進行がんの可能性があります。
大腸がんの早期発見には症状がない段階で定期的に検診を受けることが大切です。
大腸がん検診と聞くととても大変な検診というイメージを抱き、敬遠される方もいるかと思います。
しかし、一般的な大腸がん検診で取り入れられている便潜血検査は、非常に簡単にご自宅でできる検診です。

【 便潜血検査(2日法)を受けましょう】
 大腸にがんやポリープができると、便が大腸を通過するときに接触して出血し、便に血が混じることがあります。
便潜血検査は、受診者本人が専用の容器を使って便の一部を採り、検診機関へ提出。
その便に潜む血液の有無を調べるというものです。
見逃しを防ぐため2日間採取していただきます。
食事制限もなく簡単に受けることができる検査です。

 陽性の場合は
 「便潜血検査で陽性=大腸がん」と診断されるわけではありません。
便潜血検査で陽性となったときは、大腸の精密検査を受けていただく必要があります。
結果を放置せず、必ず受診し医師にご相談ください。
また、痔がある方でも陽性になることがありますが「痔だから陽性になった」と思い込まず、必ず精密検査を受けていただくことが大切です。
 
陰性の場合は
陰性となっても、ごく稀ですが大腸がんが発見されることがあります。
ですから、手遅れになるのを防ぐため、大腸がん検診を定期的に継続して行なうことが大切です。
年に1回大腸がん検診を受けましょう。

【 大腸の精密検査】
大腸の精密検査は内視鏡検査です。
この他に北見病院では注腸バリウム検査、大腸CT検査を行うことができます。
「内視鏡がにがて」という方は、受診時、医師にご相談ください。