薬剤師  丸山英孝






1.食べ物と薬について
ワーファリン(血液を固まりにくくして、血のかたまりができるのを抑える薬)を内服している方は、納豆およびクロレラ食品は食べないようにして下さい。納豆菌は腸内でビタミンKを合成しますしクロレラにはビタミンKが多く含まれています。このビタミンKがワーファリンの作用をさまたげて効果を弱くするためです。

アダラート、バイミカード(血管を広げて血圧を下げる薬)などの薬を服用されている方は、グレープフルーツジュースと一緒には内服しないで下さい。グレープフルーツジュースに含まれる苦み成分が、これらの薬の血液中の濃度を上げるため、効果が強くあらわれます。





2.薬を飲む時間について
グルコバイ、ベイスン(糖質の消化吸収を遅くして食後の急激な血糖上昇を防ぐ薬)を服用されている方は、食事の直前に内服してください。食物と薬がいっしょに消化管の中にないと効果がなくなるためです。






3.特殊な使い方の薬について
ニトロペン(狭心症の発作時に使う、冠血管を広げる薬)を使う場合は、噛まないで舌の下で溶かして下さい。飲み込むと、効果がなくなるためです。






4.吸入薬について
気管支喘息に用いられる吸入薬には、気管支を広げて呼吸を楽にする薬や、炎症を抑えて発作を予防する薬があります。吸入で大切なことは、薬の効果を十分に得るために、吸入後苦しくない程度に息を止めることです。また、薬が口腔内に沈着したり吸入による副作用を防ぐため吸入後は水でうがいをして下さい。吸入が難しい場合は、吸入補助具があります。






5.インスリン自己注射について
血糖を下げる薬のインスリン注射には、速効型、中間型、混合型などいろんな種類があります。また注射器にもペン型注射器やキット製剤などさまざまです。それぞれ特徴がありますが注射できていますか。


○ チェック項目

1.インスリンの名前を知っていますか?
2.自分の製剤の色を知っていますか ?
3.自分の指示単位を知っていますか?
4.空打ちは必ず実施していますか?
5.空打ちの目的を理解していますか?
6.注射部位の消毒はしていますか?
7.注射後数秒おいてから針を抜いていますか?
8.注射部位をもんでいませんか?
9.インスリンを凍らせてはいけないことを知っていますか?