認知症になっても楽しく自宅で暮らしていきたい
デイサービスたんぽぽ
〜認知症専門のデイサービスを紹介します〜

デイサービスたんぽぽは認知症の方専門のデイサービスです。
「認知症状が重くなり一般のデイサービスに馴染むことができなくなってしまった」「認知機能を維持させたい」「認知症になっても楽しく笑顔で過ごしたい」。
ご家族やご本人の思いに寄り添いながら認知症ケアを実践しています。

"認知症デイサービスと一般デイサービスの違い"
良く聞かれることは、認知症デイサービスと一般デイサービスの違いです。
一番大きな違いは、人員基準と利用料です。
認知症デイサービスは一般のデイサービスよりも職員数が多く配置され、個別的にその方に適した支援を行うことが可能になります。
また、認知症の研修を受けている職員を多く配置しています。
利用定員数も少人数に限定されており、家庭的な雰囲気のなかで一日を過ごすことができます。
職員数が多い分、料金は一般のデイサービスよりも高くなってしまいます。
デイサービスたんぽぽでは料金設定を少しでも低く抑えることができるよう短い利用時間も設定し、よりニーズにあったサービスが提供できるよう工夫しています。

"できることを皆でみつけながら"
先日、調理を楽しむレクリエーションを行いました。
男性利用者が「料理なんてしたことない」と話すと、もう一人の方が「昔はやったものだよ」と作業にかかります。
それを見て「それじゃ、俺もやってみるか」と男性ふたりで調理が始まりました。
家庭的な雰囲気が利用者さん同士の信頼感を育んでいます。
また「私はこんなことできない」と話していた女性利用者も包丁を持つと野菜をてきぱきと切り始めました。
昔できていたことを引き出すことができるのも個別ケアの優位性です。

"3月14〜18日
「デイサービスたんぽぽ見学会」を開催します"
場所は住宅地の小さな一軒家、決して広くはありませんが、みんなで寄り添いながらワイワイと一日を過ごしています。
ぜひ一度足を運んでいただき、日常の様子をご覧下さい。
送迎が必要な方は事前にご連絡ください。

【見学会】 3月14日(月)〜18日(金)
    14:00〜16:00


勤医協デイサービスたんぽぽ
サービス提供時間
@10:00〜16:00
A10:00〜17:15
(延長・お泊りも可能です)
住所 北見市常盤町6丁目3−10
問い合わせ・受付 電話0157−33−482