2種類の光で、よりきれいに、はっきりと
内視鏡が新しくなりました



 テレビCMでもおなじみのフジフィルム社製の最新の内視鏡システム(胃カメラ・大腸カメラ)を導入しました。

このシステムでは、カメラの先端からの照明が2種類の光で構成されていて、粘膜の状態や病気の広がりなどをよりわかりやすく強調できます。

また、胃カメラは「検査が楽になった」と好評の鼻から出来る内視鏡で以前よりも画面が大きく鮮明に、そして大腸カメラは病気を疑う部分を大きく拡大し観察できるようになります。

富田薫院長は、「日本人に多い胃がん・大腸がんの早期発見には内視鏡が有効です。積極的に検査を受けましょう」と呼びかけています。