アスベスト被害相談会

 2月24日、北見病院を会場に「アスベスト被害相談会」が行われました。

北見市内や訓子府町から5名の方が来場。

医師や弁護士が相談に応じました。

 咳・痰がよく出ることが気になり来場された方からは、相談後「話を聞いてもらえて、安心した。」と感想が聞かれました。

 「アスベスト被害相談会」は、アスベストに曝露歴がある方の適切な療養や補償制度の活用、そして予防の取り組みを強めることを目的に開催しています。

 相談者の中には、健康診断が公費で受けられる「石綿健康管理手帳」の申請が可能な方が来場しており、医師や弁護士から丁寧に説明を受けていました。